怠け者にブログが書けない理由3選

雑記

怠け者、というのは、もちろんこのブログの著者である私です。

「3年寝太郎」をご存知ですか?

怠け者の代名詞のような、昔話の主人公の男です。

3年寝太郎のストーリーをざっと説明すると、3年も寝てゴロゴロしていた怠け者の男が、その後働き者になる話です。

(すみません。かなりざっくりした内容ですし、うろ覚えのストーリーなので、もしかしたら間違えているかもしれません。しかし正確な情報を調べる気力もございません。怠け者ですので許してください。)

しかし、私は生まれてこの方30年近く、3年寝太郎の10倍は寝続けているのに、全く働き者になる兆候が見られません

そんな怠け者がブログを始めたところで、記事を書くスピードがどんどん落ちていくのです。

その理由を考察してみました。

1、ネタ探しをするのが面倒臭い

ネタを考えていると、いつの間にか思考が別の方向に行ってしまいます

例えば私は旅行系ブログを書いていますが、思考が次のように変化していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんのネタ書こうかな?

ハワイ旅行の記事を書こう!!

みんなが知りたいハワイの情報といえば、美味しいパンケーキ店だよな。

あっ、そういえばこの前SNSで美味しそうなパンケーキのレシピを見たような…。

SNSを開き、レシピを探し始める。

材料はホットケーキミックスとリコッタチーズか。ホットケーキミックスはあるけれどリコッタチーズが家にないな。

よし!リコッタチーズを買いに行こう!!

パンケーキを作り始める。

無駄に綺麗に作って、写真をインスタのストーリーズにあげる。

パンケーキを食べる。

お腹がいっぱいで眠くなって昼寝をする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美味しいものを思い出したり、見たりすると食べたくなる。それは人間の性なのです!!

とこのようにネタを考えていると

気付いた時には、手元におやつがある、という状況になっていることも多々ありますね。

2、ブログを書くための多大なタスクが面倒臭い

たくさんの情報を読者に届けるために頑張っているブロガーさんたちですが、その情報は、もちろんブロガーさんたちの頭の中に万全に整っているわけではありません。

ブロガーは全知全能の神ではありませんから、自らもたくさんの情報を調べるわけですね。

書けば書くほど、あれも調べなきゃこれも調べなきゃと膨大なタスクに追われるのです

たくさんのタスクに追われると怠け者はこのような状態になります。

するとどうでしょう!!

ネット検索して、本を手に取って、有識者に質問して…

そんなことをしていたはずなのに、

いつの間にか、アプリの無料漫画を読んでいる!!

いつどこでどう道を誤ったのかは本人も気づかないことが多いのです。

3、ブログを書くためのページをクリックするのが面倒臭い

パソコンや携帯にはたくさんのブックマークやアプリ、タブが羅列していますね。

その中には自分のブログページや、無料ブログのサイトなどがあるはずです。

それをクリックさえすれば、ブログを書くための第一歩が踏めるはずなのに、それをクリックする指がどうしても動かない

1クリック、1クリックさえすれば新たな道が開けるのに…

なぜなら私たち怠け者には、やらなければいけないことがたくさんあります。

・アプリゲームのミッションをクリアしなければならない。

・無料漫画で気になっていたものを読まなければいけない。

・リアルタイムで見れなかったテレビ番組を、録画か見逃し配信で見なければいけない。

・SNSをチェックして「いいね」を付けなければいけない。

・お気に入り登録したYouTuberが新しく挙げた動画をチェックしなければいけない。それを見た後は関連動画をつられて見なければいけない。

などなど。

我々怠け者には、ブログを書くよりも、お手軽な娯楽を消費しなければいけないという重大な任務があるのです!!!




というわけで、怠け者にブログが書けない理由3選をお届けしました。

早く眠りから目覚めて、毎日更新できる自分になりたいものですね!!


コメント

  1. Sanchan より:

    コロナで旅行出来ないので中々ネタ探しが大変だと思いますが、ブログが長く続いてるのは素敵だと思います これからも楽しみにしてます!

    • ひまわり薔薇子 ひまわり薔薇子 より:

      返事が遅くなってしまい、すみません!まさにおっしゃる通りで旅行へのモチベーションが上がらない中、なかなかブログに手をつけられない状況が続いています…でもさんちゃんさんの温かいコメントに救われます!頑張ります!!

タイトルとURLをコピーしました